SAMPLE IMAGE この画像は差し替えてご利用ください

00J Jimdo 基礎知識

00J-1 Jimdo とは・・・?

 

Jimdo は「オンライン ホームページ 作成サービス」で、日本では KDDI ウェブコミュニケーションズが 2009 年3 月から運営している。

JimDo はドイツで 2007 年 3 人の若者の手によって生まれたと言われています。

今までホームページの作成は大きく分けて「HTML と CSS を編集してページ作成を行う」ものと、ブログを利用してページ作成を行うものが中心でしたが、Jimdo は全く新しいオンライン ホームページ 作成サービスです。

00J-2 Jimdo の短所

短所1.レイアウトのカストマイズに限界

やはり、簡単に作れることが大前提なので、デザインレイアウトや機能拡張等に強くこだわるには限界があります。

デザインに関しては CSS や HTML がわかると、できる範囲は少しひろがります。これをきっかけに、HTML/CSS のことも勉強してみますか?

短所2.システムの安定感には課題あり

どのシステムを使用してもシステムやサーバーのメンテナンスは必ずありますが、比較的頻度が高いように思います。また、障害も多かれ少なかれ避けて通れませんが、まだまだ課題がある状態のように感じます。

 

例えば、一部のJimdoページにおいて編集及び閲覧ができない事象が 12 時間以上も続いた報告がありました(2015年5月5日)。幸いにも、これの影響は受けませんでしたが。

直接影響を受けたのでは、訪問中のページのステータスが正しく無いという事象でしたが、2~3日も悪戦苦闘してもらちがあかないので Jimdo Japan に問い合わせのメールを送信して、返事が無いまま翌日再度トライしたら正しく働いていたというものもありました。ちなみに、問い合わせは全てメールだけです。

 

無料ということもあり、多少の辛抱は覚悟の上です。

短所3.サイトのバックアップができない

通常のサイトや WordPress などで作ったサイトは、データを丸ごとバックアップし、自分のパソコンに保存しておくことができますが、Jimdo はそのようなことができません。必要なページを削除してしまった場合は、1から作り直す必要があります。

 

Jimdo サーバーは不測の事態によるサーバー障害に備え、データが消失しないよう毎日定期的にバックアップを行っているとのことで、万が一データが消失した場合には、最長で24 時間前の状態に復旧が可能とのことです。

 

また Jimdo では、個別のバックアップ機能は実装されていないため、Jimdo ページ運営者にてそれぞれページのバックアップを、各自行う必要があります。 Jimdo はそのための方法を推奨はしています。

短所4.別サーバーへ移管するのは厄介です

前述のバックアップできない、に連動するのですが、別のサーバに移したいという場合は、少し難儀です。バックアップができないので、データをそのまま移管することはできませんので、作りなおしと割り切る必要があります。

短所5.無料バージョンは定期的に更新が必要です

無料バージョンでは、180日間ログインしないとサイトが消去されます。

 

これを発奮材料として、”頻繁に更新するゾー”となれば結構ですが。

 

00J-3 Jimdo はどのように利用されているか?

Jimdo の活用例が紹介されています。

 

Jimdo の活用

 

個人や団体としては、「イベントのサイト」「サークル活動紹介サイト」「アーティスト・バンドのサイト」等が参考になります。

 

「サークル活動紹介サイト」での説明文、「Jimdo は複数人で同時に編集することが可能なので、ページごとに担当者を設けてホームページ更新作業を分担することができます。」は注目すべきところです。

 

00J-4 Jimdo で利用できるプランにはどのようなものがあるか?

Jimdo には無料で利用できる「JimdoFree」と、有料の「JimdoPro」「JimdoBusiness」があります。

 

無料の Free と有料の Pro、Business の大きな違いは 広告の有無 ・ 独自ドメインの利用 ・ メールアドレスの利用の3つです。

 

プランの機能の違いを表にまとめて紹介されているページです。

 

Jimdo のプラン

 

その他に「フォトギャラリー」、「ブログ」、「ゲストブック」などの機能が、Free、Pro、Business 問わず使用できます。

独自ドメインとは?

○○○.com、○○○.net などオリジナルの URL アドレスのこと。有料の場合は好みのアドレスを使用できる。

一方、Free の場合は、○○○.jimdo.com に制限される。

00J-5 レイアウト

Jimdo には、あらかじめ 40 種類(2016年8月25日現在)の公式レイアウト(デザインテンプレート)が用意されており、自由に利用できる。

 

レイアウトによってヘッダ、ナビゲーション、サイドバー、コンテンツ編集部分、フッターの配置が異なります。

 

レイアウトごとに異なる構造と異なる機能があります。レイアウトによっては、背景を変更できたり、テキストの色を変更できたりと、利用できる機能に違いがあります。

jdg002_01:レイアウト
jdg002_01:レイアウト

利用はじめたレイアウトを、途中で細部を変更すること(例えば、サイドバーの位置だけをページ左側から右側に変更するなど)は通常は困難です。

 

これを簡単に行えるのがレイアウトの変更です。このために作成途中でレイアウトを変更して試してみましょう。サイドバーの有無や左右の配置の変化で、好ましいレイアウトかどうかを確認してみましょう。レイアウトを変更してもそれまでに追加されていたコンテンツはそのまま残ります。配色は新レイアウトのものに変更されます。

 

なお、すべてのレイアウトはレスポンシブ対応となっています。

 

これまでのモバイル表示はあくまで、パソコンで作ったWebサイトをスマホで少しでも見やすくするための、仮のデザインに近いものでした。 そのため、作ったWebサイトをありのまま見せるというよりは、スマホ用はスマホ用で近いデザインを表示させる、という感覚が近かったでしょう。

 

今回レスポンシブ対応になったことによって、作成したサイトをほぼそのまま、スマホユーザーにも見てもらうことができます。パソコンと変わらず、フォント・サイズ・カラー・背景画像(一部)が反映されるので、こだわって作ったデザインを大きく崩さずに見てもらうことが可能です。

 

レスポンシブデザインの場合、スマホでは以下のように変更されます。

  • モバイル専用の表示やパソコン版表示がなくなった。
  • サイドバーコンテンツは、本体の次に表示される、すなわちページは縦長になる。
  • ナビゲーションメニューは、ハンバーガーアイコンで表示される。

レスポンシブとは

レスポンシブとは、PCだけではなく、スマートフォンやタブレットに最適化されたホームページを簡単に実装できることを言います。これにより、閲覧者の表示環境(パソコン・タブレット・スマホ)に合わせて、デザインが自動調整されることになります。

00J-6 独自テンプレート

これとは別に、Jimdo の[独自レイアウト]と呼ばれる機能で、HTML や CSS を編集して完全オリジナルのデザインテンプレート(独自レイアウト)を作ることもできる。

独自のレイアウトで作成したホームページが PagePartner に登録されると、世界中にデフォールトのレイアウトとして配信されるので、ほかの人が利用してホームページ作りができる。

PagePartner が作成したテンプレートを紹介するページ:

http://jp.jimdo.com/partner/template/business/

 

PagePartner が作成した独自テンプレートは、新たに Jimdo に登録すれば利用できる。

 

独自テンプレートの場合は、レイアウト変更の余地を残しているものがあり、細部の変更(例えば、ナビ・メニューを縦並びから横並びにする等)が可能となります。HTML/CSS を理解している人にとっては柔軟にページ作りができます。

 

すでに Jimdo への登録を済ませ、作成中のホームページに、あとから独自テンプレートを適用することはできないことは無いが、テクニックを要します。

PagePartner とは

PagePartner のシステムでは、Jimdo 公認の Web デザイナーや Jimdo ユーザー(これをPagePartner と呼ぶ)が作成した『Jimdo』のデザインやページコンテンツを、デフォルトの独自テンプレートとして提供することが可能となる。特定の目的にカスタマイズされたテンプレートを配信することで、いままで必要だった作成の作業は大幅に削減される。個人が作成したオリジナルテンプレートを世界中に配信できる。

00J-7 Web ブラウザはどれを使用すれば良いの…?

Jimdo の編集作業は Web ブラウザを通して行います。編集に入ると、意図した通りに編集できないなどの障害にぶつかることがあります。こうした障害は特定の Web ブラウザで発生しやすく、ブラウザを切り替えることで障害を回避できることもあります。

 

Jimdo で利用できる Web ブラウザ
Web ブラウザ バージョン
 Google Chrome バージョン40以降
 Mozilla Firefox バージョン40以降
 Safari バージョン10以降
 Internet Explorer バージョン11以降
 Microsoft Edge (限定なし)

 

Jimdo は Google Chrome や FireFox と相性が良いと言われています。上記の障害を少なくするためにもこれらのうち一つはインストールして、Jimdo 編集に使いましょう。

 

Google Chrome のダウンロードとインストール

ユーザー アカウントに Chrome をインストールするには:

1)インストーラ ファイルをダウンロードします。

2)確認の画面が表示された場合は、[実行] または [保存] をクリックします。

[保存] を選択した場合、インストール処理を開始するにはインストーラ ファイルをダブルクリックします。ホームページの設定とブラウザの履歴は自動的に取り込まれます。

3)Chrome を起動します。

 

Windows 10: すべての設定が完了すると、Chrome ウィンドウが開きます。ここで、Chrome を既定のブラウザに設定できます。

 

FireFox をダウンロード 

 

Jimdo の編集作業はネットに接続した状態で行います

Web ブラウザを使用しての編集作業なので、ネットに接続されている環境が必要です。

00J-8 Jimdo がおかしいな?と思ったら…?

Jimdo の編集作業は、Jimdo サーバーを使って行われます。この Jimdo サーバーが障害となっていないかどうかを調べます。

 

http://jp.jimdo.com/障害情報/ にアクセスする。

入力欄にドメイン名(またはJimdoアカウント名)を入力し、確認ボタンをおすと、サーバーの状態を確認することが可能です。

00J-9 Jimdo 社への問い合わせ

不具合やJimdoについての質問・相談は、JimdoJAPANの公式窓口に問い合わせできます。

 

http://jp.jimdo.com/info/ヘルプにアクセスします。

 

通常サポートと優先サポート窓口がある。

 

Jimdo Free の場合は優先度の関係で、Jimdo からの連絡が遅れる場合がある。

 

また独自レイアウトについての質問・相談には対応していただけないことがある。