SAMPLE IMAGE この画像は差し替えてご利用ください

D20 YouTube にアップロードする

D20-1 YouTube へのログインとログアウト

YouTubeで用意されているいくつかの機能を利用するためには YouTube へログインする必要があります。

YouTube へのログイン

YouTube は Google 社が提供しているサービスであり、他の Google サービスと同じく Google アカウントを使用します。

Google アカウントを取得していない場合は、先に Google アカウントを取得します。

➊ YouTube のホームページにアクセスする

1)Google 検索ページで、[Google アプリ]から、[YouTube]をクリックする

jdgD30:Google 検索ページ
jdgD30:Google 検索ページ

あるいは、ブラウザで下のURLへアクセスしても同じ:

http://www.youtube.com/?gl=JP&hl=ja

➋ YouTube ホームページ画面右上の[ログイン]ボタンをクリックする

動画を視聴するだけであれば、YuTube にログインする必要はありません。ここでは動画をアップロードするために、ログインをします。

すでに Google アカウントでログイン済みの場合は、「ログイン」ボタンは無く、代わりにGoogle アカウントのプロフィールアイコンが表示されている。

jdgD31:YouTube ホームページ
jdgD31:YouTube ホームページ

➌ Google アカウントで、ログインする

1)Google アカウントのログイン画面で、アカウントのIDとなるメールアドレスを入力し、[次へ]をクリックする

jdgD49:Google アカウントへのログイン
jdgD49:Google アカウントへのログイン

アカウントの選択

複数の Google アカウントを所有している場合、ここで「アカウントの選択」画面が表示され、表示された複数の Googleアカウントの中からひとつを選ぶという方法をとる。

Google アカウントを新たに作成する場合は、[アカウントを作成]ボタンを押して画面の指示に従う。詳細は当サイト内の「Y11 Google アカウント」を参照する。

2)入力した Google アカウントが登録済みの場合は、名前、プロフィールアイコン、メールアドレスが表示される。

次にパスワードを入力し、[次へ]をクリックする

jdgD50:Google アカウントへのログイン画面(2)
jdgD50:Google アカウントへのログイン画面(2)

accounts.google.com のパスワードを保存しますか?/更新しますか?

入力したパスワードを保存するか、あるいは更新するかを聞くブラウザの小ウィンドウが表示される。パスワードをブラウザ内に保存しておくとパスワードを毎回入力しなくても済むので便利なようだが、パスワードを忘れることにもなる。ここは「いいえ」で答え、パスワードをきちんと自分で記録しておき、毎回入力するようにするのが良い。

3)アカウント確認時の連絡手段の再確認画面が表示される場合は、表示されている連絡に使う電話番号とメールアドレスを確認し、[完了]をクリックする

jdgD51:登録している連絡手段を再確認する
jdgD51:登録している連絡手段を再確認する

❹ 初めて YouTube にログインした場合、「ようこそ」画面が表示される。「次へ」ボタンをクリックする

❺「おすすめのチャンネル」の候補画面が出る場合は、チェックして[保存]ボタンをクリックする

おすすめチャンネルの候補では、興味があるものがあればチェックをします(後から追加することも外すこともできます)。

❻ YouTube へのログインが完了します。

ログインが完了すると画面右上に Google アカウントで設定していたプロフィール画像[アバター]が表示されます。

jdgD32:ログイン完了(2019/5/22)
jdgD32:ログイン完了(2019/5/22)

YouTube からのログアウト

➊ YouTube からログアウトする

1)画面右上に表示されている自分のプロフィール画像をクリックする(

jdgD33:ログアウト
jdgD33:ログアウト

2)表示されるメニューから[ログアウト]ボタンをクリックする(

➋ YouTubeからのログアウトが完了します。

ウィンドウ右上に「ログイン」が表示される。

D20-2 YouTube への動画のアップロード

パソコン内の動画を YouTube にアップロードします。

➊ YouTube にログインする

参照:当ページ内、YouTube へのログイン

➋ 動画のアップロードを開始する

1)YouTube ホームページ画面上部の [動画または投稿を作成] アイコン()をクリックする

2)表示されるメニューから[動画をアップロード])を選択する

jdgD34:「アップロード」アイコンをクリックする
jdgD34:「アップロード」アイコンをクリックする

➌ 動画のプライバシー設定をする

1)動画のプライバシー設定をする

図のを押してを選ぶととなるので、「公開」を「限定公開」に変更します。(図は「非公開」を選んだようになっていますが、正しくは「限定公開」を選びます。)

jdgD35:プライバシー設定画面
jdgD35:プライバシー設定画面

プライバシー設定:限定公開 vs. 非公開

非公開:

自分と、自分が指定した相手(Googleアカウント持ってる人)だけが見れるようになる設定です。URLだけを誰かに送っても見れません。

限定公開:

URLを知ってる人は全員見れる設定です。

限定公開と言ってる割にあまり限定されてません。検索しても出てこないとか、関連動画に現れないというだけです。

上図のようにプライバシー設定は、アップロード時、あるいはアップロード後でもプライバシー設定を変更することができます。

Jimdo ページに貼りこむには [限定公開] 以上が必要

Jimdo ページに貼りこんで、表示できるようにするには、「限定公開」以上の設定が必要です。

❹ アップロードする動画を選択する

1)上向きの大きな矢印をクリックして、アップロードする動画の選択を開始する(図の

jdgD36:アップロードするファイルの選択を開始
jdgD36:アップロードするファイルの選択を開始

「フォト」アプリで作成したビデオは[エクスポートされたビデオ]に保存されている

2)パソコン上のフォルダーを開き動画を選択する(図の、そして次に

jdgD37:「開く」ダイアログ
jdgD37:「開く」ダイアログ

3)アップロードの進捗が表示される

jdgD38:YouTube アップロード進捗画面
jdgD38:YouTube アップロード進捗画面

4)やがてアップロードが完了する

jdgD39:動画アップロード「完了」
jdgD39:動画アップロード「完了」

❺ 動画の基本情報と詳細設定の編集

動画のアップロード中に、動画の基本情報と詳細設定の編集や、チャンネル登録者に通知するかどうかの指定もできます。

1)「詳細設定」を選択する(図の

jdgD40:「詳細設定」を開く
jdgD40:「詳細設定」を開く

2)「配信オプション」「登録チャネル」フィードに公開してチャンネル登録者に通知のチェックを外す(図の

jdgD41:「配信オプション」
jdgD41:「配信オプション」

❻[完了]をクリックしてアップロードを終了する

公開動画の場合は [公開] をクリックしてアップロードを完了します。動画のプライバシー設定を非公開または限定公開にした場合は、[完了] をクリックしてアップロードを終了するか、[共有] をクリックして動画を限定的に共有します。

1)画面右上の[完了]ボタンをクリックする(図の

jdgD42:アップロードを「完了」させる
jdgD42:アップロードを「完了」させる

2)動画が表示されるURLが示される

jdgD43:動画のURLが表示される
jdgD43:動画のURLが表示される

❼ アップロード完了のメールが届く

アップロードが完了すると、YouTube から動画のアップロードと処理が終了したことをお知らせするメールが送られます。メールは Google アカウントの ID として登録したメールアドレス宛に届きます。

YouTube からのメールでの通知

クリエーターツールからYouTube Studioでの操作に変更になると、当メールは送信されなくなる可能性あり。

jdgD44:アップロード完了した旨のメール受信
jdgD44:アップロード完了した旨のメール受信

以下は、著作権が侵害されて公開できないと判断された動画の場合に送られてくるメール内容です。

jdgD72:著作権侵害の動画の例
jdgD72:著作権侵害の動画の例

D20-3 アップロードした動画を確認する

クリエィターツールが無い

クリエィターツールは[YouTube Studio]に変更されるようだ。変更の予定は2019年前半となっていて、まだ変更の途中にあり(ベータ版)となっている。(2018/12/17記)

YouTube Studio から従来のクリエイターツールに戻るには、[YouTube Studio(ベータ版)]表示後にページ左下の非常口アイコン[従来のクリエィター…]から従来のクリエイターツールに戻れる。その際、「新デザインをお試しいただきありがとうございました」としてベータ版の評価を求めている。これは無視して、「デフォルトのクリエイター ツールを変更する方法をご覧ください。」から従来のクリエィターツールに戻す操作をする。

デフォルトのクリエィターツールを設定する

新しい YouTube Studio ではまだすべての機能を利用できるわけではない。次の手順に沿って操作すると、ログインするたびに従来のクリエイター ツールが自動的に表示されるように変更できる。

  1. パソコンで YouTube にログインする
  2. https://studio.youtube.com/ にアクセスする
  3. 左下のパネルにある [設定] をクリックする
  4. 表示されるポップアップ ウィンドウで、[従来のクリエイター ツール] > [保存] を選択する

➊ YouTube にログインする

➋「YouTube Studio(ベータ版)」を表示する

1)「プロファイル」アイコン()から「YouTube Studio」)を選ぶ

jdgD56:「YouTube Studio」を起動する
jdgD56:「YouTube Studio」を起動する

➌「Studio」画面でアップロードした動画を確認する

1)「Studio」画面で、「動画」を選ぶ

2)「アップロード動画」画面で、アップロードした動画を確認する

jdgD57:「動画」を選び「アップロード動画」を確認する
jdgD57:「動画」を選び「アップロード動画」を確認する

D20-4 アップロードした動画のプライバシーを確認・変更する

アップロードした動画は、デフォルトでは「公開」動画に設定されるので、誰でも視聴することができます。動画のプライバシー設定の変更と視聴できるユーザーの管理は簡単に行えます。

プライバシー設定の変更 - パソコンの場合

➊「動画」にアクセスする

1)YouTube を開く

Google アカウントでログインしていなければ、ここでログインする。

「ホーム」画面が表示される。

2)[プロファイル」アイコン()をクリックし「YouTube Studio(ベータ)」)を選ぶ

jdgD56:「YouTube Studio」を起動する
jdgD56:「YouTube Studio」を起動する

3)「Studio」画面で、「動画」を選ぶ

4)「アップロード動画」画面で、アップロードした動画を確認する

jdgD57:「動画」を選び「アップロード動画」を確認する
jdgD57:「動画」を選び「アップロード動画」を確認する

➋ 動画一覧の[公開設定]の欄を確認し、必要に応じて変更する

1)当該動画の[公開設定]欄を確認する。

2)「限定公開」となっていないときは、▼をクリックし設定候補を表示し、変更する。

jdgD77:公開設定の確認と変更
jdgD77:公開設定の確認と変更

以上、上記 ➋ にて紹介した方法にて公開設定の確認と変更は可能だが、別の方法での操作もある。以下のステップ ➋ にて紹介する。但し結果は同じものとなる。

➋ プライバシー設定を変更する動画を探して、[編集] をクリックする

1)動画を選び()[編集🔻]()をクリックする

jdgD62:動画を選び「編集」をクリックする
jdgD62:動画を選び「編集」をクリックする

2)表示される編集メニューから[公開設定]()を選ぶ

jdgD58:編集メニューの「公開設定」を選ぶ
jdgD58:編集メニューの「公開設定」を選ぶ

➌[公開設定]プルダウン メニューでいずれかの設定を選択する

1)「公開設定🔻」)から、変更候補を表示する

jdgD63:プライバシー設定の変更
jdgD63:プライバシー設定の変更

2)変更しようとする設定値()に変更する

jdgD76:[公開設定]の値「限定公開」を設定する
jdgD76:[公開設定]の値「限定公開」を設定する

3)「動画を更新」をクリックする

確認画面が出る。「選択した動画を更新します。更新すると、元に戻すことはできません。」とあり、「この操作の結果を理解しています」の前にチェックを入れ、「動画を更新」をクリックする。