SAMPLE IMAGE この画像は差し替えてご利用ください

PD6 マジック選択ツール

写真の背景をトリミングしてステッカーに変換したり、3Dオブジェクトに貼り付けしたりできるツールです。

PD6-1 マジック選択

❶ 画像をペイント3Dで開く

ペイント3Dを起動し、切り取る元の画像を表示するため、「開く」をクリックする。

jdgPD0_59:ペイント3Dで画像を「開く」
jdgPD0_59:ペイント3Dで画像を「開く」

「開く」ダイアログが表示されるので。「ファイルの参照」をクリックする。

jdgPD0_60:PC上の画像ファイルを参照する
jdgPD0_60:PC上の画像ファイルを参照する

画像のフォルダー、 画像ファイルを選択し、「開く」をクリックする。

jdgPD0_61:切り取る元の画像ファイルを選択し「開く」
jdgPD0_61:切り取る元の画像ファイルを選択し「開く」

❷ 最も重要な部分を囲み「マジック選択」を起動する

「アートツール」をクリックし、「選択」ボタンをクリックする

jdgPD0_62:「アートツール」で「選択」をクリックする
jdgPD0_62:「アートツール」で「選択」をクリックする

重要部分、すなわち切り抜きたい部分をマウスで矩形で囲む。

「マジック選択」ボタンをクリックする

jdgPD0_63:重要部分を矩形で囲み、「マジック選択」をクリックする
jdgPD0_63:重要部分を矩形で囲み、「マジック選択」をクリックする

❸ 切り抜きたい部分を調整する

不足している領域がある場合は、「追加」をクリックし、 マウスでその部分を大雑把になぞります。

jdgPD0_64:不足している領域を「追加」で指定する
jdgPD0_64:不足している領域を「追加」で指定する

余分に選ばれている領域がある場合は、「削除」をクリックし、 その領域をマウスで大雑把になぞります。

jdgPD0_65:余分に選ばれている領域を「削除」で指定する
jdgPD0_65:余分に選ばれている領域を「削除」で指定する

❹ 抜き取りを完了する

抜き取りを完了するには、「完了」ボタンをクリックする。

jdgPD0_66:「完了」ボタンをクリックし抜き取りを完了する
jdgPD0_66:「完了」ボタンをクリックし抜き取りを完了する

「3D で表示」ボタンをクリックして抜き取りを確認する。

jdgPD0_67:選択範囲が抜き取られた
jdgPD0_67:選択範囲が抜き取られた

抜き取られた画像は3D化されている。マウスで移動すると背景画像とは関係なくない切り取られた部分だけ移動できる。

 

ここから後の処理はいくつか考えられる。ここでは、

1)ステッカーにする(→ PD6-2 ステッカーにする

2)背景を透明にした画像にする(→ PD6-3 背景を透明にした画像にする

3)背景を新しい画像にする(→ PD6-4 新しい画像と合成する

などを紹介します。

PD6-2 マジック選択で抜き取った3Dをステッカーにする

❶「ステッカーの追加」をクリックする

3Dオブジェクトを選択し、① コマンド「ステッカーの追加」をクリックする

jdgPD0_68:ステッカーに変える
jdgPD0_68:ステッカーに変える

ステッカーは「カスタムステッカー」タブにて表示される。

jdgPD0_69:カスタム ステッカー
jdgPD0_69:カスタム ステッカー

なお、追加されたステッカーは、ペイント3Dが起動している間だけ有効で、ペイント3Dを終了し、再度起動した場合は「カスタム ステッカー」には表示されない。

PD6-3 背景を透明にした画像にする

❶ キャンバスを選択する

3Dオブジェクトが表示されている状態で、「キャンバス」をクリックする。

jdgPD0_70:「キャンバス」をクリックする
jdgPD0_70:「キャンバス」をクリックする

❷ 背景をオフにする

「キャンバスを表示する」を「オン」から「オフ」にする。

jdgPD0_71:キャンバスをオフにする
jdgPD0_71:キャンバスをオフにする

jdgPD0_72:背景のないオブジェクト
jdgPD0_72:背景のないオブジェクト

❸ エクスポートでpng形式で保存する

切り抜かれた部分以外は透過されている。保存された画像サイズも、切り抜きで選択したサイズで設定される(本来のキャンバスサイズは関係なくなっている)。

ワンちゃん_キャンバス表示しない.png
ワンちゃん_キャンバス表示しない.png

切り抜いた画像を透過する方法

ペイント 3D で切り抜いた画像を透過する方法には、ここで記した方法以外に次の方法もある。

1)切り抜いた画像を「切り取り」でクリップボードに入れる

2)「メニュー」>「新規作成」で新しいキャンバスを開き、クリップボードから「貼り付ける」

3)「キャンバス」でキャンバスサイズを、貼り付けた画像に合うよう調整する

4)「キャンバス」の「透明なキャンバス」を「オフ」から「オン」にする

5)PNG形式で保存する

PD6-4 新しい背景画像と合成する


❶「メニューの展開」で「挿入」を選択

3Dオブジェクトが表示されている状態で、①「メニューの展開」をクリックする。

jdgPD0_73:「メニューの展開」をクリックする
jdgPD0_73:「メニューの展開」をクリックする

②「挿入」をクリックする

jdgPD0_74:「挿入」をクリックする
jdgPD0_74:「挿入」をクリックする

❷ 挿入する画像を選択する

「開く」ダイアログで、③ 挿入する画像が保存されているフォルダーを選択し、④ 画像ファイルを選択し、⑤「開く」をクリックする。

ここでは「DSC02567.jpg」ファイルを選ぶ。

jdgPD0_75:画像を選択し「開く」
jdgPD0_75:画像を選択し「開く」

挿入する画像のサイズについて

挿入する画像のサイズは、切り取る前の画像のサイズと同等かそれ以上のサイズが好ましい。切り取る前の画像がキャンバスに残っている場合、そこへ小さいサイズの画像を挿入すると、キャンバスが新旧の画像で二重に見えてしまう。

❸ 新しい背景画像と合成する

3Dオブジェクトのサイズ、位置を調整して、新しい画像と組み合わせる。

jdgPD0_76:新しい背景と合成
jdgPD0_76:新しい背景と合成

❹ 合成画像を保存する

エクスポートでpng形式で保存する。